アンチエイジング効果を期待されているニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド

アンチエイジング効果を期待されているNMNについてご説明いたします
未分類

NMNでアンチエイジング

アンチエイジング効果を期待されているニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドをご存知でしょうか。女性にとってアンチエイジングは永遠の課題です。このニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは(NMN)は本当にそんな効果があるのでしょうか。

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)は2011年、アメリカのワシントン大学医学部の今井眞一朗博士らによって発見されました。NMNは人間の身体の中で作られる物質で誰もがもっているものですが、年齢を重ねるとだんだんと作る量が少なくなっていくそうです。加齢に伴って作られなくなると言う事でそれが老化なのだということです。しかし、そうなると逆にNMNさえあれば、アンチエイジングが可能になるのでしょうか。

NMNはサーチュイン遺伝子(抗老化や寿命の制御に関わります。)を活性化させます。でも、それだけではないのです。NMNは様々な疾患にも効果ありという事が分かりました。たとえば、糖尿病、アルツハイマー、心不全等ですが、どれも現代病として問題になっている疾患です。そのような効果がある上に抗老化の作用もあるということもマウス実験で明らかになったようです。それは、1年間の投与実験によっての結果でNMNを経口投与したマウスは若返り、健康にもなったと今井博士自らが語っているのです。このような今井博士の話からもNMNはアンチエイジングを可能にする物資と言って良いようです。

当サイトはこういったNMNに関する情報をお届けいたします。NMNを含む食物、若返りは永遠の課題といった内容を皆様にご紹介いたします。ご参考になさって下さい。